超高分子量ポリエチレンが拓く新しい世界 ~作新工業株式会社~


作新工業 会社概要

作新工業は、優れた材料特性を持つが成形が難しいとされていた超高分子量ポリエチレンに着目し、成形加工・用途開発研究を進め、1962年、いち早く製品化に成功しました。
以来、超高分子量ポリエチレンの専業成形加工メーカーとして、様々な分野に使用される製品、Saxinニューライトを世に送り出してきました。
作新工業は、これまで培った成形加工ノウハウと製品開発力を駆使し、お客様のニーズに的確・ 迅速にお応えいたします。

設  立 1962年(昭和37年) 11月19日
株主構成 三井化学(株)~95.3%
資本金 1億2800万円
敷  地 13,800m2 (内建物5,700m2
従業員 85名
主要取引銀行 三井住友銀行、京都銀行、滋賀銀行
役  員 代表取締役社長 河内 秀史
取締役 進藤 雅春
取締役 小倉 正明
取締役 (非常勤) 平岩 健司
監査役 (非常勤) 大和田 聖

◆会社沿革

1961年7月 超高分子量ポリエチレンの優れた特性に着眼し、工業化に向けて研究開発をする
1962年11月 紡織機部品を中心に、数十種の製品化に成功し、占部武が京都市山科に作新工業㈱を設立(資本金200万円)
1969年7月 大津市に工場を新設 (敷地4,000㎡)
第1期工事(プレス工場他2棟)
1970年7月 資本金800万円に増資
1971年10月 工場第2期工事(押出成形工場)
1972年 工場第3期工事(機械加工工場、倉庫、検査室、食堂)
1973年5月 三井化学㈱(当時は三井石油化学工業㈱、以下同じ)と製造販売協定成約
東京営業所開設
1973年7月 本社新社屋完成
1973年8月 工場第4期工事(機械加工工場増設)
1974年3月 大型加工設備を導入し、機械加工及び押出成形を増強
1976年1月 岡山営業所、九州出張所を開設
1976年2月 三井化学㈱の資本参加により資本金1,600万円に増資
超高分子量ポリエチレンの射出成形品の生産を開始
1983年3月 工場第5期工事(全自動圧縮成形工場)
1985年3月 本社と工場を統合し、本社事務所を工場所在地に移転
1987年7月 超高分子量ポリエチレンのチューブ成形を開始
1990年10月 資本金3,200万円に増資
1990年12月 本社工場隣接地を取得 (5,240㎡)
1997年4月 加工新工場及び立体自動倉庫完成
1997年9月 資本金1億2,800万円に増資
2000年10月 フェノールパイプ生産設備を三井化学㈱より移設し生産を開始
2006年8月 ISO9001認証取得
2007年11月 OHSAS18001認証取得
2009年2月 ISO14001認証取得
2011年8月 岡山営業所、九州出張所を閉鎖
2013年2月 東京営業所を移転
作新工業 会社案内
  • 会社概要
  • 所在地
  • 工場設備
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー
  • 製品カタログ
  • お問い合せ